最先端顕微鏡治療|下高井戸の歯科医院ご予約 TEL:03-3327-8170

MICROSCOPE

抜歯・インプラント治療

01確実に抜歯する技術

『歯を抜く(抜歯)』という歯科治療は、さほど難しく無いように感じられます。どこで抜歯しても、とくには大差無い…と思いがちですが、そうではありません。

抜歯時によくあるトラブルに、「歯の根っこの先端が折れて残ってしまいそのままになっている」事があります。
これは、これは歯を抜いた後に出来る穴(抜歯窩)が深くて暗く、出血などでよく見えないために生じてしまいます。
肉眼や拡大鏡では、きちんと抜けきれずに残った結果引き起こる重大な問題です。

右側の写真は、抜歯後に歯の根っこが残っている事がわかったレントゲン画像です。

そこで、活躍するのが歯科用顕微鏡です。
歯科用顕微鏡で患部を見ながら抜歯する事により、歯の根っこなどを残すことなく、確実に抜歯する事が可能になります。

抜歯する技術
抜歯する技術

02インプラント治療は歯科治療では最終段階の治療

インプラント治療
歯科治療において、全力で取り組むべきことは、何と言っても『メンテナンス(予防)』です。
日頃から歯科メンテナンスを続けていれば、つらい思いをしながら歯科治療を受ける機会を減らすことができるのです。

それでも、どんな方法でも再生出来なくなってしまい、歯を失ってしまった場合は、『インプラント治療』があります。

インプラント(implant=植え付ける)とは、人工歯根療法とも言われ、失ってしまった歯の、あごの骨に人工の歯根を埋め、それを土台にしてその上に人工の歯を固定する方法です。

もちろん、外科手術が必要となり、誰でもインプラント治療が出来るわけではありません。あごの骨が極端に薄い人などは、骨移植なども必要となります。

03動画でみる歯科用顕微鏡下でのインプラント治療

最近、日本の歯科医院でのインプラント治療にも、歯科用顕微鏡が用いられるようになりました。
歯科用顕微鏡を用いたインプラント治療は、より緻密で精密なインプラント治療を実現出来ます。

こちらの動画は、親知らずの抜歯の際に細い根の先が折れて骨の中に残ってしまった事例の動画です。
そのままではインプラントはできません。このようなケースの場合は、骨の奥底に歯の根っこが残ってしまうので除去することが難しいのですが、歯科用顕微鏡を用いて、注意深く観察することで安全に取り出すことができます。

NEWS

  • 2021
  • 10/06

ZEISS175周年記念インタビュー

 昨日は当院で使用している顕微鏡PROergo を製作しているZ…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/07

感染予防についての当院の取り…

歯科治療は唾液、血液等の体液に触れるだけでなく、その環境の中で器材や指…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

お出かけ前に3つのご協力をお…

当院へ来院される皆さまへ 次の事項についてご協力をお願いいたします。 …

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

2020年5月8日(金曜日)から診…

COVID-19の感染拡大により4月7日より休診しておりましたが、予定通…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 4/25

新型コロナウィルス感染予防に…

2020年4月25日(土曜日)20時から日本顕微鏡歯科学会Webセミナー…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 4/06

COVID-19の感染拡大に対応した…

 2020年4月6日現在のCOVID-19の感染拡大の状況に鑑みて、当院…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 4/07

会長

2019年1月から2年間の任期で、一般社団法人 日本顕微鏡歯科学会の会長…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 1/30

とくダネの医療コーナーに協力…

2018年1月30日 放映のフジテレビ 「情報プレゼンター とくダネ!…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2017
  • 11/02

2017年11月3日 顕微鏡に触って…

私の所属する顕微鏡歯科ネットワークジャパンでは患者さんにも顕微鏡に実際に…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2017
  • 5/18

歯科衛生士募集中

当院では歯科衛生士を募集中しております。 専用の顕微鏡を用い、自信を持…

詳細を見る
詳細を見る

EVENT