最先端顕微鏡治療|下高井戸の歯科医院ご予約 TEL:03-3327-8170

MICROSCOPE

クラウン・ブリッジ

01かぶせものが合っていない事により起こる重大なトラブル

虫歯の治療の後に、被せもの治療をした経験のある方は、とても多いのではないでしょうか?この被せもの治療のことを、補綴治療といいます。
「補綴(ほてつ)」とは、見た目やかみ合わせをクラウンやブリッジ、入れ歯など人工の歯で補う治療のことです。

この治療の歴史は、紀元前2,000年~1,000年まで遡ります。
この時代の、エトルリア人の墓地から入れ歯が発掘されたこともあるそうです。また、日本においては奈良時代から入れ歯があったといわれていますので、昔から行われてきた治療法です。

しかし、この補綴(ほてつ)治療で多く起こるトラブルがあります。

『折角入れた、被せもの(クラウン)がとれてしまった。』
『被せもの(クラウン)をした歯が、さらに悪化してしまった。』

などです。

実は、これらの根本原因として、『被せものが歯に合っていない』ことに起因することがとても多いのです。

被せもの(クラウン)1
被せもの(クラウン)2

02肉眼ではぴったり合わせることができない

被せもの(クラウン)をした歯が、また悪化してしまう
しかし、これらはやむを得ない部分が多くあるのも事実です。

肉眼にて、被せもの(クラウン)やブリッジをピッタリ合わせる技術は、どんなに視力が良い歯科医でも難しいのです。

なぜなら、よく『見えない』からです。

再三、述べてまいりましたが、狭く暗い口腔内では、そのほとんどが手探りに近い状態です。削った歯に寸分の狂いもない程に、ピッタリの被せものを施す技術があるのであれば、それは神様の域に近いでしょう。

肉眼では不可能と言えます。

被せものやブリッジ治療を行ったとしても、削った歯と被せもの(クラウン)の間に隙間が残ると、そこから細菌は容赦なく進入してきます。

そして、知らず知らずのうちに、被せた歯の内部で細菌が繁殖して虫歯がまた進行してしまいます。
これが、『被せもの(クラウン)をした歯が、また悪化してしまう』大きな原因の一つです。

日本の歯科治療におけるむし歯の再治療の多くは、これらが原因となるむし歯の再発と言っても過言ではないでしょう。

03被せものをピッタリ合わせるために歯科用顕微鏡を使う

そして、ここでも活躍するのが、歯科用顕微鏡です。
歯科用顕微鏡は、肉眼の約20倍の倍率で拡大して患部を診ながら、必要最小限の範囲を削ります。

さらに、歯の凹凸が出来るだけ少ないよう、拡大して見ながら滑らかに仕上げます。凸凹したものににピッタリ合うものを作るのは難しいことは想像がつくと思います。

ピッタリした被せものを作るためには土台の歯を滑らかに仕上げることはとても重要な処置なのです。そして、滑らかに削った面が分かるように正確な歯型を採ることもとても重要なステップです。
通常の歯肉は歯と寄り添っているので、そのまま歯型を採ると歯肉とはの境目が分かりません。

そこで歯肉と歯の間に一時的に細い糸を差し込んで歯肉を押し広げて、その境目が明瞭になるようにします。
この処置は数十秒間の間に行う必要があるので精密な処置を、しかも素早く行う必要があります。顕微鏡を使うことに習熟していないと行えない処置です。
近年はデジタルスキャナーを用いた型採りも普及し始めていますが、当院では敢えて未だ導入せず、数十年の確実な実績があるシリコン材料を用いた型採りをしています。

それは、現在のデジタルスキャナーでは我々が求めている高精度の被せものを作ることには未だ不十分だと考えているからです。
日進月歩で進歩するこれからの技術革新に期待しているところです。

被せものを作る歯科技工士ももちろん顕微鏡を使い、精緻な工程を積み重ねてピッタリした被せもの(クラウン)を作ります。

このような土壌を作る事で、寸分の狂いも無い、ピッタリした被せもの(クラウン)を合わせることができるのです。

  • 削るときも精密に。
  • 型採りも精密に。
  • 歯科技工も精密に。

これら全ての処置が精密に行われることで、ピッタリ合った被せものができあがります。一つでも欠けたら絶対にピッタリした被せものはできないのです。

一般的に被せものは、セラミック、ゴールド、ジルコニアなどの材料の違いにより選ばれる事が殆どだと思います。

もちろん、材料の違いも重要な事なのですが、それ以上に重要なことは、全ての処置を精密に積み重ねることができるかどうか、なのです。

そうすることにより、隙間からの細菌を遮断するとともに、歯磨きの際にも磨き易い、長持ちする歯をつくり上げることができるのです。

被せものをピッタリ合わせるために歯科用顕微鏡を使う
被せものをピッタリ合わせるために歯科用顕微鏡を使う
被せものをピッタリ合わせるために歯科用顕微鏡を使う
歯科用顕微鏡を用いて精密に
歯科技工時にも歯科用顕微鏡を用います。精度の高い被せもの(クラウン)を作るためには、すべての工程で歯科用顕微鏡を用いて精密に行う必要があります。

04動画でみる歯科用顕微鏡下での補綴治療

こちらの動画は、歯科用顕微鏡下での補綴(ほてつ)治療の様子です。この症例の術前は、ピッタリと合っていないアンレーが入っていましたが、術後は境目が判らないくらいにぴったり合うクラウンになりました。

NEWS

  • 2021
  • 10/06

ZEISS175周年記念インタビュー

 昨日は当院で使用している顕微鏡PROergo を製作しているZ…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/07

感染予防についての当院の取り…

歯科治療は唾液、血液等の体液に触れるだけでなく、その環境の中で器材や指…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

お出かけ前に3つのご協力をお…

当院へ来院される皆さまへ 次の事項についてご協力をお願いいたします。 …

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

2020年5月8日(金曜日)から診…

COVID-19の感染拡大により4月7日より休診しておりましたが、予定通…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 4/25

新型コロナウィルス感染予防に…

2020年4月25日(土曜日)20時から日本顕微鏡歯科学会Webセミナー…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 4/06

COVID-19の感染拡大に対応した…

 2020年4月6日現在のCOVID-19の感染拡大の状況に鑑みて、当院…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 4/07

会長

2019年1月から2年間の任期で、一般社団法人 日本顕微鏡歯科学会の会長…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 1/30

とくダネの医療コーナーに協力…

2018年1月30日 放映のフジテレビ 「情報プレゼンター とくダネ!…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2017
  • 11/02

2017年11月3日 顕微鏡に触って…

私の所属する顕微鏡歯科ネットワークジャパンでは患者さんにも顕微鏡に実際に…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2017
  • 5/18

歯科衛生士募集中

当院では歯科衛生士を募集中しております。 専用の顕微鏡を用い、自信を持…

詳細を見る
詳細を見る

EVENT