顕微鏡歯科治療|下高井戸の歯科医院ご予約 TEL:03-3327-8170

MICROSCOPE

根管治療

01根管は肉眼ではよく見えない

右の写真は歯のレントゲン写真です。

歯根の中心部に見える黒い筋は、歯の神経などが入っている大切な管で、これは歯科用語では「根管」と呼びます。そして、歯の神経の治療は『根管治療』と呼ばれ、歯の寿命を決める重要な歯科治療の一つです。

根管の状態は、レントゲン写真などで、ある程度確認する事が出来ます。しかし、口腔内における治療を肉眼で行うと、ほとんど見ることはできません。

さらには、レントゲン写真の結果も完全ではありません。
3本だろうと思われていた根管が、実際には4本や5本であったりすることもあるからです。

これらは、最近の歯科用顕微鏡の導入で明らかになってきたことです。

それだけ、人間の歯の根管は複雑でわかりにくく、これまでの肉眼や拡大鏡に頼った診察では、根管は見えていないことを示しています。

根管

02再根管治療を回避するための顕微鏡歯科治療

神経(根管)をとらえて診断するために歯科用顕微鏡を用いる
そこで、登場するのが歯科用顕微鏡を用いた根管治療(歯の神経治療)です。
歯科用顕微鏡は、細かな神経や血管が張り巡る根管内を、肉眼の数十倍に拡大し正確に映し出します。

たとえば、むし歯や外傷などにより、根管内が細菌感染を起こしている場合には、歯髄の一部あるいはすべて取り除き、炎症を起こしてしまった根管内を綺麗に清掃する必要があります。

その時に活躍するのが歯科用顕微鏡です。

これまでは(肉眼による)手探りに近い状態で行われていた根管治療でしたが、歯科用顕微鏡の導入により、直径1mm以下の根管を、確実に目で確認しながら治療することが出来るようになりました。

肉眼での根管治療時には、根管を見落としたり汚染物質が残ってしまう事が頻発します。
これらがそのまま放置されると、治療後数年経過してから痛み出すという問題も生じます。

こうなると、再び根管治療(再根管治療)が必要になってしまいます。日本の歯科治療においては、この再根管治療が非常に多いと言われています。

しかし、歯科用顕微鏡を用いると、このようなトラブルが少なくなります。
この顕微鏡歯科治療の世界が、いかに根管治療の精度を上げたかが実感できることでしょう。

03確実に神経(根管)をとらえて診断するために歯科用顕微鏡を用いる

右記は当院で根管治療を行った事例です。

治療前前のレントゲン写真では、2本の根管しか見当たらなかったのですが、歯科用顕微鏡で拡大して患部を診察したところ、3本目の根管が見つかりました。

このようにレントゲン写真は絶対ではなく、歯科用顕微鏡で拡大して確認することが非常に重要なのです。

顕微鏡で新たな根管が発見されたケース

04根管治療には必須のラバーダム防湿

ラバーダム治療
ラバーダム治療
ラバーダム治療
ラバーダム治療
根管治療で非常に重要な処置が『ラバーダム防湿』です。

『ラバーダム防湿』は、日本で行っている歯科医が非常に少ない処置で、全体の10%以下と言われています。

しかし海外では、『ラバーダム防湿』をしないで根管治療を行うことはあり得ないとされるほど必須の処置です。

米国などでは、『ラバーダム防湿』を行わずに根管治療を行った結果、予後が悪ければ訴訟問題にまで発展すると言われています。
それほど、『ラバーダム防湿』は、根管治療時には当たり前の処置なのです。

左の写真は、倍率(3段階)を変えて撮影した『ラバーダム防湿』時の根管治療の様子です。

ラバーダムとは歯に装着するゴムのシートです。このゴムのシートで患部の周囲を覆います。こうすることにより、根管への唾液の流入を防ぎ、唾液に含まれる細菌の侵入が阻止されます。

また、治療時に使用する薬液や細かい治療器具などの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

つまり、根管治療の安全性を向上させて、飛躍的に成功率を上げるための非常に重要な処置なのです。

これを施さなければ、きれいに消毒することが目標である根管治療時に、逆に根管内に細菌を侵入させ、繰り返し繰り返し炎症を引き起こす事態になりかねないのです。

何度通院しても、根管治療が終わらない。
痛みや炎症が治まらない。

こんな事を防ぎ、根管治療の成功率を上げるために、ラバーダム防湿と歯科用顕微鏡を用いた確実な根管治療は、通院回数や苦痛を軽減する事ができると言えるでしょう。

03動画でみる歯科用顕微鏡下での根管治療

こちらの動画は、歯科用顕微鏡下での根管治療の様子です。

すでに、根管治療が終わった歯でしたが、改めて顕微鏡で観察すると未治療の根管が見つかりました。このように、歯科用顕微鏡を使わずに根管治療を行うと、治療が必要な根管を見落とすこともあります。

こちらの症例は再根管治療を行い、その後、無事に治療が完了しました。
とても細く、小さい根管は歯科用顕微鏡でなければ見つけることすらできません。

NEWS

  • 2022
  • 1/30

患者さん向け情報誌 nico 取材…

クインテッセンス出版社が発行する患者さん向け情報誌「nico」の最新号で…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2021
  • 11/29

ZEISS175周年記念インタビュー…

光学機器のトップメーカーであるCarl Zeiss社の175周年記念…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2021
  • 10/24

顕微鏡歯科治療の普及活動

 顕微鏡歯科治療の普及活動をしています。 秋晴れの空の下、中央林間に…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2021
  • 10/06

ZEISS175周年記念インタビュー

 昨日は当院で使用している顕微鏡PROergo を製作しているZ…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/07

感染予防についての当院の取り…

歯科治療は唾液、血液等の体液に触れるだけでなく、その環境の中で器材や指…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

お出かけ前に3つのご協力をお…

当院へ来院される皆さまへ 次の事項についてご協力をお願いいたします。 …

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 5/06

2020年5月8日(金曜日)から診…

COVID-19の感染拡大により4月7日より休診しておりましたが、予定通…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2020
  • 4/06

COVID-19の感染拡大に対応した…

 2020年4月6日現在のCOVID-19の感染拡大の状況に鑑みて、当院…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 4/07

会長

2019年1月から2年間の任期で、一般社団法人 日本顕微鏡歯科学会の会長…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 1/30

とくダネの医療コーナーに協力…

2018年1月30日 放映のフジテレビ 「情報プレゼンター とくダネ!…

詳細を見る
詳細を見る

EVENT

  • 2022
  • 12/06

セミナー情報

2022年12月から2023年6…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2022
  • 11/30

セミナー情報

以下のセミナーで講師を務めました…

詳細を見る
詳細を見る