治療方針

Dr.三橋のQ&A

治療方針

見える治療・診る治療

見える治療・診る治療歯科医として、長年、沢山の患者さんの口腔内を診てきました。
そして、長い間をかけてたどり着いた結論は、目の前のたった一人の患者さんの、一本の歯を丁寧にきちんと治療する事が、最も重要である!という事でした。

そこで当院では「Back to the basic」(基本へ戻ろう)を基本テーマとして治療に当たっています。

まずは、患者さま自身を見て、口腔内を確実に診る。
患者さまにも、きちんと見せてご説明する。

『見える治療・診る治療』をコンセプトに治療をご提供しています。

歯科医療の基本は『予防』

歯科医療の基本は『予防』歯科治療で最も重要なのは、「予防」です。
歯科治療とは、「虫歯になったから、すぐ治療!」という単純な治療ではありません。

まずは、問題のある歯の状態はどんな状態で、”すぐ治療が必要なのか?”それとも”経過観察の方が良いのか?”と、様々な角度から観察し、必要と判断したときのみ、最小限の治療介入を施すことが、最も大事なことだと考えています。

そのために必要なのが、『視覚的情報』であり、顕微鏡を用いて微細な歯の状態を確認する事で、患者さんへの適切な歯科治療を提供出来ると考えています。

歯科治療に顕微鏡を用いる意義

歯科治療に顕微鏡を用いる意義歯科用のマイクロスコープ(顕微鏡)は、精度の高い歯科治療を実現しています。
特に、適切な初期治療が最も重要です。
そのために、患部を顕微鏡で確認し、その虫歯の状態に合わせた初期治療を、適切に行うことが最も重要になります。
そこで、最も活躍するのが「顕微鏡」です。
初期治療こそ、顕微鏡が最も活躍するのです。

また、補綴(被せもの)治療においては、患部を拡大して診ることにより、わずかな隙間も生じない、ピッタリとした被せものをのせることが出来るようになりました。
その反面、顕微鏡を使いこなすには、歯科医師の熟練の技術が必要となるため、なかなか導入しにくい現実もあります。
当院では、この難しい顕微鏡治療を、日本でいち早く取り入れ、患者さまの歯の健康をお守りしています。