歯周病治療

Dr.三橋のQ&A

歯周病治療

35歳以上の約8割が歯周病

歯周病イメージ歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
以前は、「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び方が一般的になりました。
40才を過ぎてから、歯を失う最大の原因はこの歯周病です。

日本では、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いため、非常にやっかいな病気なのです。

歯周病の初期は、歯磨き時に血が出たり、歯ぐきがムズムズするといった、さほど気にならない症状しかでませんが、さらに進行すると歯がグラグラしてきたりします。
ほとんどの人は、この段階になってようやく歯科医院へ駆け込みますが、これでは手遅れの状態まで来ています。
この段階では、すでに歯を支えている骨のほとんどが溶かされてしまっており、歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しいのです。歯周病の治療は原因を探り「これ以上進行しないようにする」ことがまず最初の目標になります。
歯周病の治療は、原因を探り、「これ以上進行しないようにする」ことが目的になります。
歯科治療が行う、歯周病治療のほとんどは、原因の究明と対策となるのです。

歯周病の原因

歯周病の原因歯周病も虫歯と同じ感染症であり、特殊な細菌により引き起こされています。

その細菌の固まりがプラーク(歯垢)です。

よって、歯のまわりに、出来るだけプラーク(歯垢)および、歯石がついていない状態にしておくことが、最大の予防法です。
しかし、プラークは歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石は石のように硬く、また歯や根にしっかりとこびりついているため、歯ブラシでは落とすことができません。歯石を取るには歯科医院で取り除くしかありません。

それ以外にも「歯にかかる過大なる力」「ストレス」「たばこ」「糖尿病」なども、歯周病の大きなリスクになります。特に、プラーク(歯垢)とたばこは、最も注意が必要です。

最先端の歯周病治療 再生療法

軽いレベルの歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。
しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要になります。その手術法に、GTR法とエムドゲイン法というものがあります。

■GTR(Guided Tissue Regeneration)法とは
GTR(Guided Tissue Regeneration)法
1980年代の半ばに登場した方法で、骨が消失した部分に、医療用のゴアテックスの皮膜を設置し、骨を再生させようとする方法です。

ただ、この方法は、難しい手術と言われいます。
歯肉の下にゴアテックスの膜をはさんで縫合するため、欧米人に比べて歯肉が薄いアジア系の人種の場合は 手術は煩雑になるばかりか、術後、何日かして膜が露出してしまうトラブルもあります。そうなると、感染してしまうことにより、骨再生が起こらなくなるのです。

■エムドゲイン法とは
エムドゲイン法
スウェーデンの幼弱な豚の歯の芽(歯胚)から抽出したタンパク質の1種で、エムドゲインは商品名で、一般名をエナメルマトリックスデリバティブと言います。
スウェーデンのビオラ社で開発生産され世界40カ国以上で使用されており、日本の厚生労働省の承認がなされています。(保険外診療)

歯が生えてくる時と同じ環境を作りだすことにより、再度骨を歯の周囲に呼び込んで骨を再生させます。歯茎を切開して、歯の面を徹底的に掃除をしてから、酸処理をしてエムドゲインを塗布後に縫合して終わりです。

このエムドゲイン法は、GTR法と比べ比較的簡単に手術が終わりますし、使用した薬剤が再生を促しながら吸収されていくので、薬剤を取り除くための手術を必要としません。 しかし、使用する薬剤がゲル状であることから再生させたい部分の骨量のコントロールが難しく、適応となる症例はGTR法と比べやや狭いのが現状です。
どちらの再生療法も安全性は高く、効果は高いのですが、再生できる骨量には限界があるため、高度に進行した歯周病は適応にならないのが現状です。

このような難しい歯周病の再生療法にも、顕微鏡は大いに役立ちます。
歯周病に侵されているまわりの歯茎と骨の状態を、よく観察することが出来、不良肉芽として残さぬよう、最小限の侵襲で再生療法を行うことが可能です。