クラウン・ブリッジ

Dr.三橋のQ&A

クラウン・ブリッジ

かぶせものが合っていないため起こる重大なトラブル

補綴(被せもの)治療。
かなり多くの方々が経験したことのある治療でしょう。

「補綴(ほてつ)」とは、見た目やかみ合わせをクラウンやブリッジ、入れ歯など人工の歯で補う治療法の事をいいます。
この治療は、紀元前2,000年~1,000年のエトルリア人の墓地から入れ歯が発掘されたこともあります。また、日本においては奈良時代から入れ歯があったといわれていますので、昔から行われてきた治療法です。。

しかし、この補綴(ほてつ)治療で多く起こるトラブル。
『折角入れた被せものがとれてしまった・』
『被せものをした歯が、さらに悪化してしまった』

などです。
実は、『被せものが歯に合っていない』ことに起因することがとても多いのです。

肉眼ではぴったり合わせることができない

しかし、クラウンやブリッジをピッタリ合わせる技術は、どんなに視力が良い歯科医でも、難しいのです。
なぜなら、『見えない』からです。
再三、述べてまいりましたが、狭く暗い口腔内では、そのほとんどが手探りに近い状態です。
削った歯に、寸分の狂いもない程に、ピッタリの被せものを施す技術があるのであれば、それは神様の域に近いでしょう。
肉眼では不可能と言えます。
そして、削った歯と、被せもののわずかな隙間から、細菌は容赦なく進入してきます。
そして、知らず知らずのうちに、被せた歯の内部で細菌が繁殖して虫歯が更に進行してしまいます。
これが、『被せものをした歯が、さらに悪化してしまった』大きな原因の一つとなるのです。

ピッタリ合わせるために顕微鏡を使う

顕微鏡画像ここでも活躍するのが顕微鏡です。

肉眼の約20倍の倍率で拡大して、患部を必要最小限に削ります。
さらに、歯の凹凸が出来るだけ少ないよう、拡大して見ながら滑らかに削ります。
そして、滑らかに削った面が分かるように正確な歯型をとり、技工士産も顕微鏡を使い、ピッタリした被せものを作ります。そこに、寸分の狂いも無い、ピッタリした被せものを合わせることができるのです。

削るときも精密に。
技工も精密に。
被せるときも精密に。

この両者が揃うことにより、ピッタリ合った被せものができあがります。

そうすることにより、隙間からの細菌を遮断するとともに、歯磨きの際にも磨き残し少ない歯をつくり上げることが出来ます。

これ以上、患部が細菌に侵されないよう、健康な歯を保てるよう、予防を兼ね備えた治療を提供する事が可能なのです。

《症例》
症例術前は不適であるアンレーが術後は境目が判らない
くらいぴったりのクラウンになりました。