根管治療

Dr.三橋のQ&A

根管治療

神経は肉眼ではよく見えない

神経画像右下の写真は歯のレントゲン写真です。歯根の中心部に見える黒い筋が歯の神経で、これは歯科用語では「根管」と呼ばれています。

根管の状態を見るには、レントゲンなどで確認する事が出来ます。しかし、実際の口腔内の治療では、よく見えていないのです。
また、3本だろうと思われていた根管が4本や5本もあることも、最近の顕微鏡歯科の導入で明らかになってきたことです。
それだけ、“肉眼や拡大鏡では、細かい根管は見えていないことがお分かりでしょう。”ことが分かるでしょう。

確実に神経をとらえて診断するために顕微鏡

顕微鏡は、細かな神経や血管が張り巡る根管内を正確に映し出します。

虫歯や外傷などにより、細菌感染した場合には、歯髄の一部あるいはすべて取り除き、炎症を起こしてしまった根管内を綺麗に掃除する必要があります。

その時に活躍するのが、顕微鏡です。
これまでは手探りに近い状態で行われていたこれらを治療でしたが、直径1mm以下の根管を、確実に目で確認しながら治療することが出来るようになりました。

特に、根管を見落としたり、汚染物質が残り、そのまま放置されると、治療後数年してから痛み出す…という問題も頻発します。
このようなトラブルが少なくなるのです。
いかに、顕微鏡の世界が、根管治療の精度を上げたかが実感出来ることでしょう。

治療メモ

菌を残さない、ラバーダム治療

ラバーダム画像『ラバーダム』という言葉を聞いたことのある方は、どれだけいらっしゃるでしょうか?

日本では行っている歯科医が少ない処置ですが、海外ではラバーダムをしないで根管治療を行うことはナンセンスとされています。ラバーダムをせずに根管治療を行うと、訴訟問題にまで発展すると言われるほどに、根管治療には当たり前の処置です。

ラバーダムとは根管治療などの際に歯に装着する、ゴムのコートのようなものです。
唾液の中に沢山含まれる細菌の侵入から根管を守るために非常に重要な処置です。
また、治療に使用する薬液や細かい治療器具などの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

つまり、綺麗に保たなければならない根管内に、汚い細菌を流し込まないように、防御するものなのです。
これを施さなければ、きれいに消毒することが目標なのに、逆に、根管内に細菌を侵入させ、何度も何度も炎症を引き起こすこともあります。
何度通院しても、根管治療が終わらない。
痛みや炎症が治まらない。

こんな事を繰り返すよりも、ラバーダムと顕微鏡を用いた確実な根管治療を行うほうが、通院回数、苦痛を軽減する事ができると言えるでしょう。

右写真:倍率(3段階)を変えて撮影したラバーダム時の根管治療の様子。

▲既に根管治療済みの歯でしたが、顕微鏡で観察すると未治療の根管が見つかり、無事に治療することができました。とても細く、小さい根管は顕微鏡でなければ見つけることすらできません。