修復・充填

Dr.三橋のQ&A

修復・充填

肉眼で見える虫歯は、すでに大きくなっている

口を大きくあけて、鏡で口の中を見ると、黒い「虫歯らしき」歯が見えた経験がありますよね。「ついに、虫歯になってしまった・・」と落ち込むこともあるでしょう。
しかし、慌てないで下さい。

なぜなら、 虫歯というものは、より早い段階で正しい初期治療をすることで、その後の進行が大きく変わるものなのです。
歯は、へこんだ部分に食べ物が詰まっているだけでも、茶色く見えたりします。その後、適切なブラッシングや歯垢の除去などをしないで放置しておくと、虫歯菌が酸を産生し、歯のエナメル質を溶かして穴をを開けてしまいます。
こうなってしまうと虫歯はどんどんひどくなっていきます。
しかし、穴があいてしまう前に適切な予防処置を続けるとエナメル質が再石灰化して虫歯を停止させることが出来ます。
初期の虫歯であれば治療も簡単に終わります。現在では、小さい虫歯の修復方法として、CR修復(コンポジットレジン修復;プラスチック)という治療法が主流です。

金属を用いた治療とは異なり、小さな修復であれば、色調・接着力などの面で非常に良い結果の仕上がりを導きます。また、知覚過敏症のある場合の治療にも有効です。

虫歯が見つかったから急いで大変な治療を!と考えるのではなく、まずは原因を取り除き(プラークなどを除去)、必要であれば最小限の治療をすることが歯科治療の基本なのです。

それでは、どうやって虫歯の兆候を見つけるのでしょうか?

肉眼で見える範囲には限界があります。肉眼では虫歯に見えなくても、密やかに虫歯菌が忍び寄っている歯が沢山あるのです。
そのために、用いられるのが「顕微鏡」(臨床用実体顕微鏡)です。
顕微鏡は、肉眼の約20倍まで拡大でき、その患部を正確に観察出来ます。
よって、肉眼で見えにくい場所も正確にとらえて、適切な初期治療を行うことが可能なのです。
肉眼で見て、まだ様子を見ても大丈夫な虫歯でも、顕微鏡を使ってみることで、肉眼では見落としがちな歯と歯の間の虫歯や、かぶせものとの隙間などにある虫歯の見落としも少なくなり、適切な判断をする事が可能になります。

できるだけ、治療が必要な歯の見落としを少なく・・・・

肉眼と顕微鏡の差

下の画像は何に見えますか?

顕微鏡画像

この画像は、人間の髪の毛を、メスでそいでいるシーンです。
人間の髪の毛の太さは、だいたい、70ミクロンから90ミクロンといわれ、100 分の7ミリから100 分の9ミリの太さしかありません。
もちろん、肉眼や拡大鏡で一本の髪の毛を正確にメスで削ぐことなど不可能です。
しかし、「顕微鏡」なら、それが可能なのです。
歯科用の顕微鏡は、人間の視力の約400倍(20×20)の視覚情報を得ることで、初期の初期に発生した虫歯まで見つけることができます。

これからの歯科治療は、顕微鏡無しでは成し遂げられない時代になっていくことでしょう。

最小限に確実に削るための顕微鏡

子どもの頃から、「キーーーン」と歯を削る音。
だれもが、体験したことのある歯科治療ではないでしょうか?

この『歯を削る』という技術は、最も難しい歯科治療とも言えます。
これまで歯科医は、肉眼で、歯を診て削ってきました。
しかし、これは、盲目の世界で削ってきたようなものです。
先ほども、「初期の虫歯は肉眼では見えにくい」と書きましたが、まさにこれは、削る場合も当てはまります。
暗く狭い口腔内の歯と歯の間を削ることは容易なことでは無く、あやまって健康な歯を傷つけたり、必要以上に削りすぎたりすることも多かったのです。
余計に削った所から、新たな虫歯が発生したりします。

微妙な歯と歯の間や、虫歯と健康な歯との境目。
これを確実に見分けて、必要な箇所のみ最小限に削る技術こそ、正しい歯の削り方です。
しかし、これは、顕微鏡の世界でしかなし得ることは出来ません。

盲目の世界から、クリアな世界で削る。
これが、最先端の歯科治療なのです。

▲歯と歯の間に生じたムシ歯を削りとってコンポジットレジン樹脂で回復する治療です。削り取った直後にレジンを直接埋めるので術者の力量が問われます。顕微鏡で確認しながら処置をすることで天然歯のようにキレイに、しかも正確に回復することができました。