Dr.三橋のQ&A

Dr.三橋のQ&A

Dr.三橋のQ&A

顕微鏡治療はどこの歯科医院でも受けられるのですか?

顕微鏡治療

A顕微鏡を導入している歯科医院は、日本全体で3%程度と言われています。
この普及率を上げることを目指して全国各地で講演会を開いたり、学会活動をしてきました。ですが、まだまだ顕微鏡がある歯科医院は少ないと言えるでしょう。
現段階では顕微鏡治療を行っている歯科医院を探して治療を受ける ことになります。かなり難しいことかもしれません。 しかし、更なる困難があるのです。
顕微鏡を導入している歯科医院が実際の治療でこれを使いこなしている、とは限らないのです。顕微鏡は単なる拡大視するための器械ですから購入することができますが、それを使いこなせなければ意味がないのです。
顕微鏡治療の技術は術者が研鑽を積んで会得するしかないのです。この顕微鏡治療の技術を会得している歯科医院は3%より更に少ないのが現状です。

顕微鏡の画像を自分自身でも見てみたいのですが、可能ですか?

顕微鏡の画像

Aはい。ご自身で見て頂けます。
ご自身の口の中の状態をしっかり分かって頂くことがスムーズな治療の第一歩と考えています。
診査の段階はもちろん、ご希望があればたとえ診療中でもご自身の治療の様子をごらん頂くことが可能です。

 

自由診療となると、治療費が心配です。

A現在の保険診療には制約が多く、我々の持つ技術の全てを 提供することが困難な状況です。

より高度な診療を望まれる場合には自由診療になります。治療費の詳細については診査の後にご説明致します。

顕微鏡治療は、痛みが少ないのですか?
A顕微鏡治療は、目視や拡大鏡と異なり、適切なポイントを確実に目で確認して治療を行えることが特徴です。
よって、健全な歯を不必要に削ってしまわないよう、侵襲を最小限に抑えて治療することができます。
よって、必然的に痛み、苦痛も最小限になります。
顕微鏡歯科治療とはどういうものか良くわからないのですが。

顕微鏡歯科治療

Aお口の中に問題を抱えている方も、そうでない方も、顕微鏡歯科治療については知っておいたほうがよい治療法です。
なかなか完治しないお口の中のトラブルの解決になる場合もございますし、むし歯や歯周病にならないよう、定期的なメインテナンスにも顕微鏡歯科治療は活躍します。
まずは、当院に足を運んでいただき、お口の中を拝見させていただければと思います。(初診料はかかります)
また、その前に、顕微鏡歯科治療についての概要を知りたい方は、当院の院長も発起人の一人である「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」の無料セミナーにご参加下さい。顕微鏡歯科治療についてメンバーが判りやすく説明致します。事前登録の上で参加して頂くと、もれなく30分無料相談券を差し上げます。
詳細はwww.microdentist.net をご覧ください。。

ラバーダム治療はしていますか?
Aもちろん、行っています。院長の三橋純は、ラバーダム治療に関する著書も執筆しております。
セカンドオピニオンはしていただけますか?
Aもちろん、積極的に行っています。お気軽にご相談ください。セカンドオピニオンの診察・診断時にも顕微鏡は役立ちます。診断に必要な検査にかかる費用は有料となりますので、ご了承ください。