お知らせ

感染予防についての当院の取り組みについて

  • 2020.05.07


歯科治療は唾液、血液等の体液に触れるだけでなく、その環境の中で器材や指を出し入れし、回転切削器具や超音波機器を使用するので感染源を周囲や空気中にも撒き散らすことになりやすいのです。その特殊性により最も危険な仕事No.1にランキングされてしまうことも多いのです。
 歯科治療における大きな感染経路は次の3つです。
⒈ 接触感染(器材や手指を介しての感染)
⒉ 飛沫感染(切削器具、超音波機器等を用いる際に飛び散る唾液や血液による感染)
⒊ エアゾル感染(切削器具、超音波機器等を用いる際に空気中に舞い上がる細かい飛散物による感染)
 この3つの感染経路を断ちながら治療することが歯科治療に課せられている命題です。
 ここでは、それぞれに対する当院の対応を紹介します。

接触感染については、歯科医師とアシスタントとの役割分担に尽きます。日本では一人で治療をする歯科医師も多いのですが、感染源である唾液や血液に触れる歯科医師が、その感染源を撒き散らさないようにしながら機材を準備をして治療を進めることは不可能であると考えています。どこかに感染経路が残ってしまいます。皆さんが大きな手術を受けようと手術室へ入ったら、先生がただ一人で待っていたらどう思いますか? 何らかの怖さを感じないでしょうか。 当院の治療はアシスタントとの共同により進められます。

飛沫感染は歯科治療の宿命であり、無くすことはできないと思われていました。回転切削器具や超音波機器により感染源である唾液や血液を振り回し、しかもそこをよく見ながら治療するために歯科医師は顔を近づけるわけです。飛び散ったものから感染しない方が不思議なくらいです。しかし、顕微鏡と患者の頭部をビニールで覆うことで、視界を確保したまま感染源と歯科医師の顔を分かつことが可能になったのです。歯科治療の歴史において画期的なことであると考えています。 詳しくはYoutubeに掲載されている日本顕微鏡歯科学会のWebセミナーをご覧ください。

当院が実施しているMicro Drape Drape

歯科医師の眼であるマイクロスコープと治療部位をビニールで覆うことで、明確な視野を確保したまま飛沫感染の経路を断つことが可能になった。

エアゾル感染はバキュームと呼ばれる吸引器を適切に使うことで解決することができます。この様子を示す例として、超音波加湿器とマネキン模型を用いた簡単な実験をしましたのでご覧ください。
模型の口からモクモクと吹き出されていたある種のエアゾルが見事に吸収されてゆく様がよく分かります。 アシスタントが適切にバキュームを操作しながら行う治療だからこそ可能になることなのです。エアロゾル対策

 これらの対策を実施することにより、当院の歯科治療に伴う感染の可能性は非常に低く保たれています。
 

お出かけ前に3つのご協力をお願い致します。

  • 2020.05.06


当院へ来院される皆さまへ 次の事項についてご協力をお願いいたします。
⒈ 来院当日に予めご自身で検温していただき、平熱より1℃以上高い場合はお電話でお知らせください。
⒉ 下痢、頭痛、味覚障害等、健康状態に不安のある場合にも、来院前にお電話でご相談ください。
⒊ 予約の変更を希望される方は、前々日までにお電話でお知らせください。

 

2020年5月8日(金曜日)から診療再開します。

  • 2020.05.06


COVID-19の感染拡大により4月7日より休診しておりましたが、予定通り5月8日(金曜日)から診療再開致します。

新型コロナウィルス感染予防に対する当院の取り組みを、セミナーでお話ししています。

  • 2020.04.25


2020年4月25日(土曜日)20時から日本顕微鏡歯科学会Webセミナーで、新型コロナウィルス感染の予防における当院の取り組みについてお話しを致します。歯科治療において避けることができなかった飛沫感染のリスクを非常に低くできる画期的な対策であり、マイクロスコープを全ての歯科治療に使っている医院だけが行えるものです。 一般の皆さまにもご覧いただけます。 https://youtu.be/tpz1c0QaWrg

COVID-19の感染拡大に対応した休診についてのお知らせ

  • 2020.04.06


 2020年4月6日現在のCOVID-19の感染拡大の状況に鑑みて、当院は当面の間、原則休診と致します。
 幸い、スタッフ全員発熱も無く元気に診療をすることができる状況でありますが、今はできるだけ人の移動、接触を減らすことが、コロナ感染の現場で治療にあたっている医療従事者の願いであり、医療従事者の一員として、開業歯科医として、いますべき唯一のことが休診であると判断しました。
 
 診療室には最小限のスタッフが当院の休日以外は待機します。痛みが生じた、仮歯が取れた、などお困りの方には対応致します。予めお電話でご相談ください。。
 
 再開の見込みが立ちましたらHPでお知らせいたします。通院中の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただけますようお願い申し上げます。順次こちらから連絡差し上げておりますが、マンパワーの関係もあり未だ皆さまに連絡が完了できておりません。恐れ入りますが、予約のある皆様からお電話頂ければと思います。
 
 1日も早いコロナ禍の終息と皆さまの健康を心より願います。

 医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし  院長  三橋 純